1. アパート・マンションの光インターネット【イーブロードコミュニケーションズ株式会社】
  2. 最新情報
  3. お役立ち情報
  4. 就活に向けた学生マンションにはWi-Fi必須

最新情報

就活に向けた学生マンションにはWi-Fi必須

 イーブロードは学生マンションへの【光インターネット+Wi-Fi設備】導入を進めてまいりました。【Wi-Fi付き物件】が学生の下宿先選びに欠かせない要素となってきている今でも、イーブロードでは導入棟数が増え続け、昨2018年は、半年で7.6倍に増えたエリアもありました。

先月の「自宅と外出時で回線の使い分けが主流に」も、若い世代のWi-Fiへの執着が伸びている理由の一つですが、学生の就活WEB化の観点から、部屋のインターネット需要について考えてみたいと思います。

職種関係なく、就活の舞台はWEB

SNSの発展やスマホの普及とともに、2010年頃から就活のWEB化は急速にすすんできました。以前までは、主に企業側のアピールツールとして活用されていましたが、今では双方向のコミュニケーションを含む、就活の大部分がネット上で行われています。

文部科学省の情報によると、平成29年の大学卒業者数は専門職を除く4年制・短大・大学院を合わせておよそ711,325人。対して大手就活サイトリクナビの2019卒登録者数は約70万人。専門職などを除き、一般企業への就職を希望する学生のほとんどが登録していると言われています。

また、一般財団法人雇用開発センターによる、2018年卒大学生就職活動調査(第2回)就職活動でのスマホとパソコンの活用に関する調査(図1)では、スマホとパソコンの両方を使い分けていた人が85%を占めています。 インターンシップの申し込み、エントリーシート・履歴書などの提出もWEB上で行うことができるため、自由に使えるパソコンのインターネット環境がどうしても必要になってきます。

就活は24時間戦、自宅でのネット環境が便利

キャリタス就活の調べによると、普段よりも就活中の方がパソコンの利用時間が長く(図2)、特に自宅での使用頻度が高いことがわかります(図3)。そのことからも、社会人よりも特に学生が無料インターネット完備の下宿先に興味を示しやすいことに説明がつきます。

安心で迅速な自社サポートで保護者の方にもご安心をお届けします

 無料インターネット/Wi-Fi設備は学生の方からは受け入れられやすいのに対し、「無料で使えると、セキュリティやサポートは大丈夫なのか」と保護者の方からは不安に思う声を頂戴することがあります。当社では、そういった保護者の方にも信頼いただけるよう、サポートサービスにも強みがあります。

  1. 工事もサポートも自社スタッフなので情報共有し、全ての工程の連携がとれている
  2. コールセンター24時間受付
  3. 全国に支店があるため、もしものトラブル時迅速対応

入居者の学生だけでなく、保護者の方からも信頼いただける対応を積み重ね、創業以来学生マンションオーナー様から選ばれてまいりました。

インターネット導入棟数、半年で7.6倍増エリアも 

 実際に大学内に店舗を構える管理会社の物件でも、Wi-Fi無料設備の導入を進めています。ある大学のエリアではイーブロードの導入棟数が、2018年7月~2019年1月までの半年で約7.6倍と急激に増加しました。当社は他全国の大学も含め、今後さらなる導入の増加を見込んでいます。

 

<参考>

就活プロセス調査2019年卒調査報告書―201871日時点―

https://data.recruitcareer.co.jp/wp-content/uploads/2018/07/katurepo_2019s_201807.pdf

文部科学統計要覧(平成30年版)

 [a1]

キャリタス就活 2018年卒大学生就職活動調査(第二回)の結果速報

https://www.earc.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/07/enquete22_sokuhou.pdf

キャリタス就活 大学生のインターネットおよびスマートフォンアプリ利用実態調査(201711)

https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/11/Internet_App_201711.pdf